読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壊れる少し手前の永遠

好きなバンドについて書いていこうと思います。

4/8 OYZ NO YAON theピーズ

 日中降り続けていた小雨が止んだ曇天の夕暮れ、照明の中に浮かぶ3人のロックンローラーがロックンロールを演奏するのを見てきました。
 セットリストは以下の通り。

1.鉄道6号
2.ブラボー(新曲)
3.ドロ船
4.焼めし
5.実験4号
6.とどめをハデにくれ
7.ブリロー
8.しげき的な日々
9.エッチ
10.異国の扉(新曲)
11.生きのばし
En.グライダー

 会場にかけつけたコレクターズから武道館バトンを受け取ったTheピーズ
手作り感あふれるそのバトンにはユニオンジャックがつけられ、一気に高貴なものになっていました。

 大阪城野音で行われたOYX NO YAON,トリを飾るTheピーズは活動休止前夜のアルバムの一曲目、
投げやりになる気力さえ失った末に全てを受け止め生きていくと歌う「鉄道6号」でライブを始めました。
 とにかくいきなりウルウルきてしょうがなかったです。
武道館の1曲目、どの曲が来ても感慨深いでしょうが、これややっとハッピーとかだったら私はまず泣くでしょう。
ただ以前のライブで30周年はアビさんボーカルのデブジャージから始める、というMCをしていた記憶があります。
デブジャージだったらイントロの時点で笑ってしまうと思います。

荒吐磔磔には行けないので、この日がTheピーズ武道館前の最後のライブでした。
武道館が決まった時は、これが大きな一区切りになることで今までのピーズが終わってしまうのでは、という不安を持っていました。
でもこの日のライブを見ながらそんな気持ちは無くなっていました。
バカロックと称された初期の曲から歌詞に自分への呪いが込められ始めた中期の曲、そして復活後の名曲「生きのばし」そして「グライダー」。
全てのピーズの要素が最強のギター、ドラムそしてだみ声コーラスに乗っかって流れ続けた一時間弱のライブ。
こんな最高なライブが武道館で見れるのならそれだけでもう十分だな、と感じられるようになりました。

そもそもロックンロールバンドは未来も過去もなく、その瞬間瞬間で輝きを放つスプリンター。
「長く続けてほしい」という願いを持つこと自体が高望みなのかもしれません。

ただその「瞬間」が「永遠」とリンクしているのも間違いないと思っています。
Theピーズの手にあるのは怒髪天フラカンそしてコレクターズから渡された武道館バトンだけではありません。
ビートルズから脈々と連なる「ロックンロールバンド」のバトンも今Theピーズに手渡されたと思っています。

2003年はブルース生誕100周年だったそうです。ロックは間違いなくその系譜に連なっているはずであり(ブルースを内包していない音楽はロックンロールではないのではないでしょうか)、そう考えると114年目の現在にTheピーズがいます。
今は存在しない歌手やバンドが放った瞬間の輝きの積み重ねが現在であるならば、これはもう十分永遠といえる永さではないでしょうか。

兵庫さんがいう所のブリティッシュ・ビートとニューヨーク・パンクのもっとも誠実な継承者であるTheピーズ
6/9武道館はもう楽しみしか残っていません。