壊れる少し手前の永遠

好きなバンドについて書いていこうと思います。

苗場でボブディランを楽しむためのトライアル

もう来週の今頃はPOST MALONEを聞いているんだろうなと思うともう楽しみでしょうがない今日この頃です。

フジロックの準備や見に行くアーティスト候補もそろそろ固めないといけませんが、今年最大の目的はなんといってもボブディラン。
アレンジを大幅に変えるから曲が分かりにくい、という話も聞きますが、そもそも私風に吹かれてやライクアローリングストーン、そしてミスタータンブリンマンという超超超代表曲くらいしか分からないという事実に気が付き愕然としています。
アレンジ以前の問題でした。
ロックが好き、と言いながらビートルズローリングストーンズなど「必修科目」をきちんと履修していない人間の知識なんてこんなもの。恥ずかしい。


今からでも遅くない、ボブディランの曲を予習(という言い方はおかしいかな)して少しでも本番の日を楽しめるようにしようと気持ちを切り替え、遂にamazon prime musicに加入。
これまで食わず嫌いしていた定額聞き放題サービスですが、この曲数は圧巻ですな。そりゃあCD売れなくなるわ。

そしてボブディランのアルバム数も(ライブ盤なども含めると)レベルが違います。
一覧を見た瞬間、大学院生の頃何も勉強していない状態で期末テストを明日にひかえた時の絶望的な記憶が鮮明によみがえりました。
どこから手を付ければいいんだ...

しかしもう一つ思い出しました。大学生の頃、テスト前どんな風に勉強していたか。
そう、過去問。
クラスみんなで数年分の過去問を共有し、それをもとに勉強していたはず。

ボブディランの直近のライブのセットリストを調べ、そこで演奏されている曲から手を付けていけば光明が見えるのではないか。


幸運にも、ボブディランのホームページには過去のライブのセットリスト一覧ページがありました。
今から数年分をチェックする気力は無いので(毎回セトリが違ったら心折れそうなので)、現在このページで確認できた2018年 3/22~5/21の計21公演で演奏された曲をカウントすることにしました。

多かった曲の結果をメモ帳がわりに下にまとめます。

21回: Things Have Changed
Highway 61 Revisited
Simple Twist Of Fate
Tryin' To Get To Heaven
Pay In Blood
Early Roman Kings
Desolation Raw
Thunder On The Mountain
Blowin' In The Wind
Ballad Of Thin Man

20回: Tuangle Up In Blue
Soon After Midnight
Love Sick

18回: Honest With Me
Melancholy Mood

16回: Duqnesne Whistle
Don't Think twice, It's All Right
Long And Wasted Years

意外にも毎回演奏している曲が結構ありました。風に吹かれてもやってる!!
2017年のセトリもちらっと見たのですが、これと全く傾向が異なるという印象は受けませんでした。
まずはここらあたりから重点的に聞き始めたいと思います。邦題がある曲はそこも調べようかな。

今から一夜漬け的に歌詞を覚えて、アレンジに頼ることなく英語が聞き取れる曲を何曲か作りたいです。
ケンドリックラマー式英語勉強は早々に断念したので、残り一週間くらいはボブディラン式英語勉強を頑張りたいと思います。



チャットモンチー 7/4 日本武道館 備忘録

嗚咽を堪えるのが精一杯で、「サラバ青春」なんてほとんど歌えませんでした。
そう簡単にサラバ、なんて出来ない。
ワクワクして、楽しくて、悲しくて、胸が締め付けられて。
こんなに感情が揺り動かされるライブを観たのは生まれて初めてです。


今日のライブを観て、チャットモンチーが解散を選んだ理由がよく分かりました。
一曲毎に担当楽器が変わる二人。
あれ程多彩なアレンジを要求する楽曲達を、「チャットモンチー」という一つの「ロックバンド」の枠に押しとどめることは最早不可能だったでしょう。
バンドは音楽を生み出すために存在するのであって、バンドを存続させるために音楽があるのではありません。
音楽に真摯過ぎるほど真摯な二人が、この選択をするのは必然だったのだろう、と思います。

ただ、今日ステージで鳴らされた全ての楽曲は、ロックンロールそのものでした。


手に入れたもの、辿り着いた到達点に安住する事なく、また別の場所へ。
変わり続け、そして変わり続ける事を変えなかった二人が鳴らす音楽が、ロックンロールでなくてなんなのでしょうか。

個人的な思いとして、徳島という本当に何もない場所に生まれた何もない自分にとって、チャットモンチーは誇りであり、何よりも輝くロックバンドでした。
ロックは煌びやかな、手の届かない都会でしか生まれないと思っていた高校生の自分にとって、地元の大学の「先輩」が誰よりもカッコイイ音楽を鳴らしていることがどれだけ衝撃的で、どれほど嬉しかったか。

進学で自分も上京し、無力さに押しつぶされそうな心を支えてくれたのは「ハナノユメ」と「東京ハチミツオーケストラ」でした。


生きて今日の日を迎えることができて本当に良かった。
貴女達の音楽で私は生きてこれたことを思い出しました。
簡単にサヨナラは言えませんが、今日は何回もありがとうを伝えたいです。

今日までチャットモンチーでいてくれて本当にありがとうございました。
お二人のこれからのご多幸をお祈りします。


Life goes on and chatmonchy is forever.

フラワーカンパニーズ 6/10 新潟ゴールデンピッグス 備忘録

一昨日の台風クラブと同じライブハウスで、年齢が20歳は上のロックバンド、フラワーカンパニーズを見てきました。

楽しかったなー。

何回聞いても「はぐれ者賛歌」は胸にくる。
何回聞いても「元少年の歌」は心にくる。
何回聞いても「真冬の盆踊り」は全てを解放出来る。

3年前新潟のハードオフで買ったと言う1万円のギターを弾きながら歌われる「ハイエース」は繰り返される日々の中に一瞬だけ訪れる興奮を真空パックしたような名曲中の名曲。
野音で聞いた時よりも、小さいライブハウスで鳴った方がよりヒリヒリして聞こえました。

MCはいつも通り爆笑と失笑が入り混じる暖かい空気、でもふと真顔になり「俺たちまだ何も諦めてないから」と真っ直ぐ言う圭介さん。
グッときました。

アンコールは対バン相手のスクービーと一緒に(ステージ超狭そうでした)。
コヤマさんとお揃いの白ジャケ、ステージ上ではどんな格好でもカッコイイです。

ベテランバンドなので終電前に終われるよう開始時間を調整してくれるのも本当に助かります。

せめてライブの熱が残っている間くらいは仕事頑張ろう、と気持ちを入れ直して日々の中に戻ります。


終演後の物販でマエカワさんにサインをいただけました。
アイドルの追っかけみたいでロックじゃないかもしれませんが、やっぱり嬉しい。
またひとつ家宝が増えました。

f:id:sakurai-t-af:20180610213112j:plain

台風クラブ 6/8 新潟ゴールデンピッグス 備忘録

終電があるためどついたるねんは断念、急ぎ駅に向かいました。

いや、暑かった、熱かった。

夏の入り口、そして少し湿った梅雨の手前にぴったりのロックバンド、台風クラブ
最高でした。

「とびたい」スタートから中盤のカバー連発、締めの「まつりのあと」まで40分強、楽しかったの一言です。

明日は6/9、theピーズ武道館から1周年。
今日この日に最高のロックンロールを鳴らす3ピース、台風クラブのライブを見れて本当に良かった。

rolls never end。
オシャレなシティポップやヒップホップ全盛の今日この頃ですが、やはりロックは転がることをやめず、今日も世界のどこかで鳴り響いているのです(台風クラブはオシャレでかっこいいので最強ですが)。

末長いお付き合いをしたいバンドにまたひとつ出会えました。


今日は整理番号7番。
最前列で見れて幸せ。

また、開演前の物販に台風クラブのお三方がいらっしゃったので、CDを購入し(これが2枚目)、サインと握手をしていただきました。
嬉しい。

その時気にかかっていたことをボーカルの石塚さんに尋ねました。

フジロックの苗場食堂って、ボブディランの裏だったりします?」
「裏っぽいですね」

やはり…
当日まで悩むんだろうな、と思います。

f:id:sakurai-t-af:20180608210822j:plain

フジロックまであと2か月 昨年のタイムテーブルから見る傾向と対策

ステージ割り発表されました!!
VAMPIRE WEEKENDとBOB DYLANのバッティングという惨劇が回避され一安心というか、今年の夏の勝利はゆるぎないものになりました。
ウキウキしながら昨年のタイムテーブル表を引っ張り出してきて、今年のステージ割を見ながら一足早く今年のステージ巡り予定を立てたいと思います。

まずは初日。
この日はエレファントカシマシとPOST MALONEが個人的マスト。
昨年の土日のホワイトが7組出演だったので、これと照らし合わせてみます。
エレカシは7組中5番目ですので、17:40もしくは18:10スタート、トリのPOST MALONEが22:00スタートとなります。
金曜夜合流予定の友人はグリーンのサカナクション直行なので(18:50 or 19:20)、エレカシの後少し見るくらいですかね。
重要なのはさっさとホワイトに陣取っておくこと。入場規制でPOST MALONEが見られない、なんてことになったら楽しい夏が初日で台無しです。

PARQUET COURTSももちろん見たいし、初日はホワイトがメインになりそうです。
ヘブンのトリであるハナレグミも捨てがたいですが、背に腹は代えられませんね...

そして嬉しい誤算がoutside yoshinoの苗場食堂。ぜひ見たい!!

outside yoshinoは2番目にクレジットされていますが、一番上は苗場音楽突撃隊。
他の所は一番上=トリですが、昨年苗場音楽突撃隊は3日とも19:00スタートのトップバッター(飛び道具的出演者は除く)。
となるとoutside yoshinoがトリ?それとも2番目?
2番目なら20:10スタート、エレカシ終わりでもまず間に合うでしょう。
初日だし、数回の山道上り下りには耐えられると信じたい。
もしトリなら00:50以降でしょうか、そうなるとGAN-BAN NIGHTの曽我部恵一が近いですが(1:30予想)まあなんとかなるでしょう。

ああ、もうワクワクしてきました。初日だけで飲食費が1万円を超えそうになる自分が容易に想像できます。
しかし、初日から遅くまでハッスルして、翌朝寝坊なんてことは絶対に許されないのです。

二日目、グリーンでeastern youth 始まり!!
ありがとうフジロック、ありがとうスマッシュ。最高としか言いようがないですね。
個人的には汗だく狂乱の宴のマーキーも乙だなと思っていましたが、まさかグリーンで見られるなんて。
開始はおそらく11:00。
去年は朝は体が全く動かず、サンボマスターグループ魂も遠くテントの中から聞いていましたが、今年は寝起きにハイネケン注入が必須条件。
朝一のグリーンで「街の底」。想像するだけでヤバい。
快晴はもちろん、雨でも絵になることは間違いなし。

あら、その前にシャムキャッツがマーキートップですか(10:20予想)。更なる早起きが必要ですな、これは。


後はJAMES BAYとFISHBONEとSTARCRAWLER見たいなあ。
JAMES BAYはグリーンで14:50かな。ホワイトがまだ出そろっていないようなので、ホワイトのSTARCRAWLERとかぶらなければいいですが。
おそらくユニコーンもそのまま見てFISHBONE、という流れになるでしょう。
マーキートリのMGMTはおそらくFISHBONEにかぶるかな、帰りがてらKENDRICK LAMARを眺めてこの日は締めですかね。
あ、マーキーのSUPERORGANISM(15:50)はどうしようか...

過去の経験から言うと、屈強な私は二日目の半ば時点でHP,MP共に限界値を軽くオーバーすることは確定事項。
上記スケジュールは絵に描いた餅になる可能性は高いです。


最終日はもう決まり!!
グリーンでJACK JOHNSON、VAMPIRE WEEKEND、BOB DYLAN!!
もうグリーンから動かん!!
後ろではなくどのアクトもモッシュピットで見たいので、この日は体力とか便意とか空腹とか色々なものと戦うことになるでしょう。
DIRTY PROJECTORSは無念極まりないが諦めます。

CHVRCHESは,,,あれ、ホワイトのトリならBOB DYLANの後少し見れる?
まあ山登る体力はとうに尽きているでしょう。
そして本当に惜しいのが最近激ハマリの台風クラブ
苗場食堂で4組目なら21:20スタート、まずBOB DYLANと丸被りでしょう。断念せざるを得ない。

フジで見たかったな、台風クラブ。せめてもの償いとして、最終日は台風クラブのバンドTで過ごそうと思います。
基本週末土日しかライブをしないバンドなので、前夜祭とかも無理だろうしな...残念。


まあ最初はサマソニと比較してどうなることかと思いましたが、予定を立ててみれば今年のフジロックも最高でしかないことがよく分かりました。
最近は晴れていれば晴れの苗場を思い出し、雨の日には雨の苗場を思い出すフジロック躁状態なのでかなり生きやすくなっています。
その分フジロック後の反動はとんでもないことになりそうですが、まあそれは置いときます。


今年も暑くて熱い夏になりそうです(私の夏は前夜祭含め4日で終わります)。

岡村靖幸 5/18 新潟市民芸術文化会館 備忘録

今回で3回目の岡村靖幸ライブなのですが、終演後毎回思うことがあります。

きちんと曲を予習しておけば良かった、と。

岡村ちゃんのファンになってからもう10数年経ちますが、私は超代表曲と最近のシングルくらいしかCDできちんと聞いたことがありません。

昨年の金沢のライブで初めてカルアミルクを聞き、「これがかの有名なカルアミルクか」となったレベルで曲を知りません。

今回のライブも初めて聞く曲がたくさんあり、サビで何の曲かようやく分かる、という場面が何回もありました。

しかし、私はおそらく次のライブも予習なしで臨むことになるでしょう。

それは、愛する岡村靖幸の楽曲を「初めて聞いた時の感動」をたくさんとっておきたいからです。
中学生の時「ロングシュート〜」を初めて聞いた時の感動を、30手前の今でもライブで感じたいのです。

以前のライブで「カルアミルク」「イケナイコトカイ」「ペンション」を聞いた時に浴びた興奮と感動を、今日も「どんなことをして欲しいの僕に」で感じることができました。


今日のライブは10時前になりようやく終わりました。
少し肌寒い気温が火照った体を冷やします。

おそらく来るべき次の秋のツアーも、「out of blue」とまだ聞いたことのない岡村ちゃんの「新曲」を聞きに行き、そしてまた予習しておけば良かったと思うことになるのでしょう。


フジロック後の生きる目標がまた一つできました。
こういう幸せな記憶を積み重ね、日々を生きのばしていくのです。

the chewinggum weekend そして the MADRAS 鳴り止まない音楽たちへ(2)

探し続けて早幾年、一向に巡り合えないthe chewinggum weekendのCD。
趣味だったはずのレコード屋巡りが少しづつ苦痛になり始めていた頃。

通販ショップ「駿河屋」で見つけてしまったのです。
「the chewinggum weekend 『Killing Pop』 6300円」の表記を。

確かにこれまでネットで見た値段(8000円~12000円)よりは安い。
高校生の時とは違い、今ならこれくらいはすぐ出せる。
それに他の客に見つかればすぐ買われてしまうだろう、そうなったら確実に後悔する...

しかし。
長年追い求め、思いが肥大化しもはや夢というよりも人生の目標(の一つ)となっていたCDをあっさりネットで買っていいものか。

当時、私は仕事でたまる一方のストレス発散を買い物で行うようになってしまっており、藤子F不二雄の短編集や島本和彦の単行本など(漫画ばっかり)それまで欲しかったものは一通り買い集めてしまい、大げさでも何でもなく「Killing Pop」が人生最後の欲しいものになっていました。

ここで達成感の無い勝利を掴んでしまったら、この先何を目標に生きていけばいいのか。
誰かに先を越されてしまった時の後悔と、人生の目標を安易な形で手に入れる後悔、どちらを選ぶべきか。


私は、購入ボタンを押し、一週間後それは自宅に届きました。


CDは間違いなく最高でした。
待ちに待った「エレキング」のイントロから始まり、「消えない光がある それだけあれば行くよ」と力強く歌う「キリングポップ」。
壊れる寸前のギターソロの中、「解けない魔法がまだ 胸で鳴り止まない いつか見た幻 追いかけたいよ」と優しく歌う「ウォーターピストル」。
心の空洞を埋めるかのように、CDを繰り返し再生しました。

しかしこれ以降、私はレコードショップの棚をほとんど見なくなってしまいました。
少し気になるバンドがいてもyoutubeで少し聞いて終わり。
新規開拓もおろそかになり、新譜を買うバンドもsyrup16gART-SCHOOLeastern youth そしてGRAPEVINEと、田舎のレンタルショップに置かれないCDのみ(最近はスピッツですらレンタルで済ませるようになってしまいました)。
「Killing Popロス」に襲われ、人生の延命装置ですらあった音楽を以前より聞かなくなっていきました。

余談ですが、この年の暮れ、広島カープ日本シリーズ3連敗を札幌ドーム現地で見たショックにより熱狂的カープファンからの引退を決断、人生の大きな支えだった2つの熱を失うことになりました。


しかしこの年、2001年のバンド解散後、音楽活動から遠ざかっていた橋本さんの新しい音源がネット上にアップされました。
そのバンド名は「the MADRAS」(音源が出たときは橋本孝志 with Dots Dash & Rico名義でした)。

2016年3月に「スタンド」、翌4月には「ロスト」。
そこには15年前と何ら変わらない橋本さんの歌声が、力強いバンドサウンドの中で響いていました。


「曖昧な夢に溺れるのはやめたんだ 消えたくなる夜を僕らは超えていくよ」(ロスト)


この歌をライブで聞きたい。
the chewinggum weekendを解散後に知り、そのCDすら正規の方法では購入できなかったファンとは言えない存在かもしれませんが、直接会って想いを伝えたい。
新しい人生の目標に、「the MADRASのライブに行く」という項目が追加されました。



ちなみに私の浪費癖は無事(?)健在であり、現在はレコードプレーヤーも持っていないのにレコード収集を行っています。
先日はバカ高い値段でスピッツの「フェイクファー」オリジナル盤を購入しました。
結局欲しくなるなら30周年再発盤を定価で買っておけば、と後悔するも後の祭り。
毎月毎月、貯金を来月の自分に託す生活を送っています。ストレスはたまる一方なのですが。