壊れる少し手前の永遠

好きなバンドについて書いていこうと思います。

RADWIMPS 「君の名は。」を観て

今年は初泣きは「君の名は。」でした。
2回目ですがボロボロ泣いてしまいました。まだ心に清い部分が残っていてよかったです。
明日から仕事という現実をまだ受け入れられませんが、なんとか映画の余韻で頑張ってみようと思います。

一つだけ、映画のラストの就活シーンに加えてZ会のCMで受験シーンが流れ、突然人の負の記憶の蓋をきれいな映像で外しにかかるのはやめていただきたかった。

まあなんといってもRADWIMPSの歌と劇伴が最高でした。
映画館で見た日、その足でサントラを買いに行ったのを覚えています。

RADWIMPSの音楽と映画の関係性はすでにさんざん考察されているだろうし、私自身も「有心論」以降はRADを聞いていなかったライトリスナーなのでとやかく書くことはしませんが、一つ言えるのは昨年のフジロックRADWIMPSを観ておいてよかったな、ということです。
ワンマンは人気でチケット取れないだろうし、フジも一緒に行く人がいなければおそらく裏のサニーデイサービスを最後まで見ていたと思うので。

一昔前、少年少女の恋愛や目の前の事件が世界的事象とリンクする漫画や小説、アニメを「セカイ系」と総称していた気がしますが、今やその世界観がスタンダートになったのか、あまり聞かない気がします(アニメを全く観なくなったので、今でもそう言われているのを知らないだけかもしれません)。
恋愛が宇宙まで繋がるような歌、RADWIMPSの歌はまさにそれだ、と今回改めて強く感じました。

宇宙、日本、世田谷がフィッシュマンズ
宇宙、日本、新宿(+すれ違い、年上のお姉さん)が新海誠監督の映画+RADWIMPSでしょうか。

秒速5センチメートル」を観て、そんなことで会社を辞めるなら私は死ななくてはいけないじゃないかと本気で思ってから早幾年、今回は二人が出会えて本当に良かったと思います。


RADWIMPSの昔好きだった曲を聞いて今日はもう寝ます。
明日から仕事って無理でしょう、どう考えても。


RADWIMPS 何十年後かに「君」と出会っていなかったアナタに向けた歌 English・英語字幕


RADWIMPS 夢見月に何想ふ 歌詞付き

竹原ピストル 鈍色の青春の向こう側

あけましておめでとうございます。
2018年、人生元年のような新たな気持ちで挑んでいきたい所存です。

私は新年早々竹原ピストルにやられております。
紅白もそうですが、実家で親が録画してくれていたNHKのSONGSを見たからです。

「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」「ならば、友よ」「カモメ」そして「鈍色の青春」。

野狐禅のころはあんなに聞いていたのに、いつの間にかあの野太い歌声を忘れていました。
聴かなくなった理由ももはや思い出せません。
最近竹原ピストルが盛り上がっているな、ということもなんとなく知っていましたが、
それでもあの頃のように熱心に聞くことは一昨日までありませんでした。

「カウント10」
一気に心を掴まれました。

色々なことを諦め出し流して生きることに慣れ始めた自分にとって、こんなにダイレクトに横っ面をひっぱたいてくる曲はありませんでした。
2017年はまさにギブアップというか、自ら試合を投げた、カウント10を数えた瞬間が多くあった1年でした。
現状維持に躍起になり、これ以上傷付かなければもうそれでいいという生き方に大きくシフトしてしまっていました。
そのことを昨年のエレカシのライブで気づかされ(「奴隷天国」の時です)、どうにかしないと、でもどうしていいか分からないという状態で迎えた年末に出会ったこの歌。

何かの曲に影響されるというのもそろそろ気恥ずかしい年齢ではありますが、
平成の頭に生まれた人間が、平成が終わろうとしている今年、もう一度頑張ってみようという気持ちにさせてもらいました。

今年は諦めた諸々をもう一度拾い集めること、そして竹原ピストルのライブに行くことを目標にしようと思っています。


カウント10

エレファントカシマシ 紅白

無事に終わりました。
最初のトークは、司会の2人が1秒に1回スタッフをチラ見して早くステージに行かせないと感がすごくて見てるこっちが焦りました。

宮本さんのアップから始まるのはもちろん「今宵の月のように」。
メンバー1人1人が順番にカメラに映った時が一番グッとくる瞬間でした。
バンド・エレファントカシマシ

隣で弟が、Yoshikiの後に見るとドラムが地味だと言っていたのが笑えました。

エレカシの後ろには美しく輝く巨大な月。
いつの日か輝くだろう、という力強い歌声が20年の時を超えてこの胸に突き刺さります。

ありがとうエブリバディ‼︎と何回もライブで聞いた宮本さんの声がテレビから世界へ響く瞬間を見ることができる幸せ。
ギターのヘッドは8割以上下を向いていましたね。

これで思い残すことなく新年を迎えることができます。
来年はWANIMAって聞くと元気がもらえるよね、と言える明るい人間を目指したいと思います。

今年始めたブログですが、見てくださった皆様本当にありがとうございました。
来年も色々ライブに行きながら頑張って生きようと思います。
良いお年を。

ふくろうず 解散によせて

今日は朝一から上司に嫌味を言われて、
コンビニで半額のホールケーキ買って一気食いでもしてやろうと思ったら売り切れてて、
おまけにふくろうず解散ですか。
なんもいいことがねえ。

アルバムは全部持ってますが、ライブは結局行けずじまい。
レコ発ツアーも東名阪のみで予定が合わず、
流石にクリスマスイブに一人で東京行くのは死にたくなるので昨日のライブもスルーしてしまいました。
無念の一言です。syrup以来だな、こういう気持ちになるの。

私の好きな4大女性Voバンドはチャットモンチー赤い公園、きのこ帝国、そしてふくろうず。
赤い公園はボーカル脱退、チャットモンチーとふくろうずは解散。
今年一年で半壊してしまいました。
きのこ帝国の来年のツアーは何があっても必ず行こうと強く決意しました。

昨日のセトリを見ながら、ラストがエバーグリーンでよかったな、と思っています。
ごめんね終わりだったら救いがなさすぎる。

syrupも解散ライブのラストはRebornでした。
バンドの死は一つの青春の終わり。
せめて最後くらいは、嘘でも未来に向かう希望の歌がふさわしいと思います。

最後にふくろうずではないですが、
昨日が命日だったフジファブリックの志村さんの歌を貼っておきます。


フジファブリック / 笑ってサヨナラ

今年買ったアルバム(1) ART-SCHOOL 「Cemetery Gates」

雑誌やブログで「2017年アルバムベスト10」みたいな記事を多く見かける今日この頃、私もやってみようと意気揚々と考え始めたものの、今年新譜を10枚買っていないことが分かり毅然としています。
中古のCDやレコードはわさわさ買っているのですが...
いよいよ閉じたリスナーになっていると改めて実感します。
仕方ないので、今年買ったアルバムの感想を書くことに方向転換します。


今年最初に買った新譜は1/25発売、 ART-SCHOOL 「Cemetery Gates」。
新譜と言ってもB面集。新年一発目から閉じていました。
ART-SCHOOLというか木下理樹関連のCDはソロアルバム以外全て持っているので、どれも何回も聞いた曲ばかり。

それでもなおこのアルバムを買ったのは、アルバムを買うと新宿タワレコでサインしてもらえたからです。
もうアイドルの握手会に行く人と行動原理は一緒。
しかも握手してもらった時自分でも驚くくらい足が震えたのを覚えています。
その時、やっぱりART-SCHOOLが本当に好きなんだな、と再認識しました。

B面集と言っても、ART-SCHOOLのコアである過剰なまでの潔癖さが詰め込まれた、一生を共にできる楽曲が集まった名作。
言い方はおかしいですが、このアルバムをART-SCHOOLではない若いバンドが新譜として出していたら、そのバンドはすぐ武道館公演ができるくらい売れるんじゃないか、という気さえするのはファンの欲目でしょうか。

ART-SCHOOLは元来フルアルバム以上にミニアルバムのリリースが多いバンド(フル10枚に対してミニ11枚)です。
ミニアルバムやシングルのカップリングに名曲が散らばりやすい傾向がありました。
特に2nd「LOVE/HATE」までにリリースされたCDは全て最高と言い切れるクオリティのものばかり。
コツコツと旧譜を集めた身からすると少しだけ寂しいですが、そうした名曲が1枚にまとまり、再び人目に付きやすくなるということは非常に大きい意義があると思います。

このアルバムに収録されている「ステートオブグレース」「I hate myself」「レモン」。
自身の成長の無さと取るか軸のぶれなさと取るかは自由ですが、初めて聞いた瞬間から今日この時までずっと好きです。
そんなART-SCHOOLが好きと言える自分が嫌いではありません。

ただART-SCHOOLを嫌いになったことは1度もありませんが、木下理樹を嫌いになりかけたというか文句を言いたくなったことは幾度となくあります。

なんで毎年毎年声が出なくなるんだ、とか
なんで年々ギターが下手になるんだ、とか
またメンバー辞めさせたのかこのキノコは、とか
辞めたメンバー皆出世してるぞ、とか
なんで対バンした若手バンドにどんどん抜かされていくんだ、とか
もうtonightとか子宮とか見とれるとかの歌詞はやめろ、とか
合わないならさっさとイヤモニをはずせ、とか
ライブのラストに「under my skin」「あと10秒で」は飽きた、とか。

新譜が出るたび、ライブに行くたび何かしら出る小言。本当に邪魔な客だと思います。
きっと私は、これからART-SCHOOLがどんなアルバムを出しても何かしら文句を言いながら、繰り返し繰り返し聞くのでしょう。

それは、ART-SCHOOLが出すアルバムが良くなかったことはないからです。
そしてバンドがどんな状態であろうと歩みを止めなかった木下理樹という人間に、心からの感謝と絶大な信頼を寄せていているからです。
それに甘え切って出てしまう文句。
一度解散したsyrup16gには訳の分からないほどダサいTシャツさえありがたがるのに、解散しなかったART-SCHOOLに悪態をつくのは我ながらおかしいと少し反省しています。

来年3/7にはnew album「In Colors」の発売も決定したART-SCHOOL
来年も最初に買う新譜はART-SCHOOLになる気がします。

これからも素敵なアルバムを出して私に文句を言わせて下さい。
そして戸高さん、MONOEYESがいくら楽しくても、ART-SCHOOLを辞めないでください。


ART-SCHOOL - B SIDES BEST『Cemetery Gates』Trailer

「風と共に」「クリスマス」エレカシとサニーデイ

昨日youtubeに名曲が2曲アップされていました。


エレファントカシマシ「風と共に」


Sunny Day Service - クリスマス【official video】

「風と共に」のPVがついにアップされました。大名曲。
エレカシの紅白、歌うのはきっと「今宵の月のように」か「悲しみの果て」でしょうが、みんなのうたにもなったこの名曲をぜひテレビで聞きたいなと思います。

サニーデイサービス「クリスマス」はいよいよLP化される「Popcorn Ballads」からのPV。
彼女の名前はクリスマス。これも名曲。
田舎に住んでいると、昨今のキラキラしたシティポップを聞くとその世界観と現実の差にへこむのであまり好きではありませんが、
こういった地に足の着いた、程よくポップなサニーデイは心のふるさと。
夏の野音DVDを買おうか迷っています。

今日から本格的に雪が降り始め、いよいよ何もかも嫌になってきますが、音楽を聴いてる間だけは幸せ。
大好きな音で充電しながらすこしずつ頑張ります。

エレファントカシマシ 12/9 富山オーバードホール

富山へ向かう鈍行列車の中、いつになく穏やかな12月の日本海を眺めながらぼんやりと考え事。
何でもないことですぐ折れる心との付き合い方について。
これまでの学生時代はあと何年、という明確な区切りがあったため、しんどいことがあっても何とかだましだましながらも頑張ってこられたが、
いよいよこの縁もゆかりもない土地で死ぬまで生きていく、と決まってから自分を支えるものが何も見当たらない状態です。

あらかた固まった職場での立ち位置。
転職可能な年齢から少しづつ遠ざかり、日に日につぶしがきかなくなっていく。
大好きなライブも、始まるまでの1人でいる時間にどんどん耐えられなくなってきて。
自分のためだけに生きる、ということが精神的にどんどん難しくなりながら、かと行って一緒に生きていけるような人もなし。
来年のフジロックまでどうやって生き延びようか、と考えながら富山駅北口の目の前、オーバードホールに着きました。

どうして楽しみなエレカシのライブ前にこんなテンションなのか、我ながら情けなかったです。

4階席ながら最前列、ステージ全体がよく見渡せるなかなか悪くない席でした。
1年続いたツアーファイナルとあって、富山以外からもたくさんのお客さんが来ている印象でした。
なぜか名古屋Tシャツを着た人が目についた気がします。

会場が暗転すると同時に湧き上がるものすごい歓声。
この日一番印象に残ったのは、曲終わりの拍手が宮本さんのMCが始まるまで鳴りやまない、という曲がたくさんあったこと。
誰もがこの日を待ち望んでいたことを表す万雷の拍手。
ホール全体が多幸感に包まれていた3時間でした。

セットリストは、新潟の時と比べて「Destiny」「やさしさ」「TEKUMAKUMAYAKON」「花男」がout,「RESTART」「友達がいるのさ」「涙」「待つ男」がin。

ライブで聞く「ハロー人生!!」はCD音源の1000倍いい曲。
混迷期、試行錯誤の日々を乗り越えて、30周年、何回目かの絶頂期を迎えているこのバンドを支えてきたのは、何があっても明日を生きる、という自分を鼓舞する宣誓のようなメッセージ。
それが二束三文の応援歌になぞ決してならないのは、宮本さんの人間力とバンドの説得力の賜物でしょう。
そして初めて聞く「RESTART」も大名曲。
「やっぱり本気な方がいい」と歌う宮本さん声に、お前はそれでいいのか、と体を揺さぶられるような気持ちに。

現在の私は「奴隷天国」で歌われる屍そのもの。
他のお客さんのように拳を挙げ、歓声で答えられないのは宮本さんが鬼気迫る姿でつぶやく「おめえだよ」の対象に他ならないからです。
同情を請うて果てる前にもう一度立ち上がらなくてはならない、しかし足の踏ん張りがなかなかきかないのがもどかしい。

また一方で、そんなウジウジした感情を吹き飛ばすような瞬間がこの日のライブには何回もありました。
友達もめざましテレビで見たと言っていましたが、宮本さんが感極まって「悲しみの果て」の最後の部分を歌えなくなった場面はこの日のハイライトの一つ。
宮本さんのかわりにお客さんが合唱しようとしたシーンで、もう完全にもらい泣き。
タオルで顔をクシャクシャに拭いた後に歌われた「今宵の月のように」は、今まで聞いた中で最も心に響く「今宵の月のように」でした。
拍手の大きさもこの曲が一番大きかったように思います。
「翳りゆく部屋」の後の、母親と喧嘩すると最後にはあんたは私から生まれてきたんだ、という時空を超えた必殺技を出されるという曲から全く脱線したMC。
「RAINBOW」「ガストロンジャー」と続く間違いなくエレカシ以外には表現できない、圧倒的としか言いようがない楽曲。
「風と共に」はおそらく一生聞く曲の一つになると思います。

アンコールの最後は[待つ男」。しびれるの一言です。
紅白歌合戦で会おう、とステージを降りるメンバー。
エレカシはこれからもずっと続いていきますが(そうであってほしい)、大団円と呼ぶにふさわしいライブでした。

北陸は冬になれば天気は鉛の曇り空一色になりますがこの日は晴天。久しぶりに月も見れました。
簡単に心機一転できる精神状態ではありませんが、気持ちを新たに前を向いていこう、と思い直すことが出来た非常に大切なライブになりました。

エレカシのライブに行くまでに少しでも人生の歩を進め、次こそは「奴隷天国」を心から楽しめる自分になりたいな、と思います。
とりあえず自己肯定と体力づくりともう少し仕事を頑張るところからかな。
生きるのであれば、本気な方がいい。宮本さんが言うならきっとそうなのだと思います。


エレファントカシマシ「RESTART」